おやつ、お土産として重宝されています!

 天草地方伝統の味です。以前は年末になるとどこの家でも作っていたこっぱ餅です。
甘藷(サツマイモ)を煮干して乾燥させて出来あがる
「こっぱ」は生の甘藷より甘みが増します。
「昔、干してある半生乾きのこっぱばかじりよったですね。
こいがまた、うまかっです!」
甘藷を干すことで水分が少なくなり、甘さが濃くなる。さらに日光で温められることによってデンプンが分解され麦芽糖という甘みの素になるようです。先人の知恵ですね!

 今では天草でも核家族が増え、作る機会がめっきり少なくなったのですが、当社では昔ながらの配合で家庭の味を再現しています。豊かでなかった時代の保存食が健康志向の昨今、添加物を使わない繊維たっぷりの食品として見直されています。おやつとしてはもちろん、親戚や離れて暮らす子供さんに送ったり、地元の味として愛される商品になっています。

 また、2006年にはフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした 食わず嫌い王」に出演されたV6の岡田准一さんに当社の「こっぱ餅」をお土産としてご紹介していただきました。そして番組で企画された2007年芸能人御用達お土産ランキングBEST20の8位に選ばれました。
芸能人御用達の逸品、是非一度ご賞味ください!
FAX用注文フォーム


3種類の味でお楽しみいただけます。(こっぱ、黒糖、紫いも)

[+]写真を拡大してみる [+]写真を拡大してみる [+]写真を拡大してみる

メール注文はこちら




作り方は昔とほとんど変わりません!

一部機械工程の部分もありますが、ほとんどが手作業となっています。 この形にするのも熟練した技術が無ければ熱いうちに「こっぱ餅」を手早く成形出来ません。

上の写真の成形した「こっぱ餅」を半真空にすると左側の写真の大きさになります。
ちなみに「くまモン」シールは剥がせるようになっていますので食べた後からも楽しめます!

高熱殺菌の様子

皆様に美味しい商品をお届け出来るように、安心・安全なを第一に心がけて製造に励んでおります。
せいろの内部は100℃を超え、高熱殺菌を施しています。

作業風景

工場内は蒸気でかなりの暑さとなり、その中での作業はかなり大変です。
ここで行っているのは大事な材料の洗浄などの下処理です。
この工程を経て美味しいこっぱ餅へと仕上がっていきます。


[+]写真を拡大してみる [+]写真を拡大してみる [+]写真を拡大してみる

    こっぱ餅のおいしい召しあがり方!

  • 2~3センチ位の輪切りにしてトースター等で表面をふんわりと焼いてお召し上がり下さい。
  • 電子レンジにそのままおかけいただきますとつきたての状態でご賞味いただけます。
  • きな粉を加えますとよりいっそうこうばしい香りでいただけます。
  • 油で素揚げしてもおいしくいただけます。
  • フライパンにバターを引いて少し炒めるようにしても美味しいです。



ご贈答用としてもご愛顧いただております!

ご贈答用の専用箱にて発送させていただきます。 お中元、お歳暮の贈り物の他、ゴルフのコンペ賞品としても利用される団体様もあります。持ち帰られたお宅で大変喜ばれ再度ご注文をいただきました。 もちろん「熨斗」も対応致しておりますのでご注文時に申し伝えください。



当舗では皆様に、より一層のご利用を承りたく地方発送を致しております。
御歳暮、御中元などの御贈答やお土産品として是非ご利用下さい。

こっぱ餅(3個・化粧箱) 各 2,565円
紫いもこっぱ餅(3個・化粧箱)
黒糖こっぱ餅(3個・化粧箱)
B こっぱ餅(10個・ダンボール箱) 各 6,000円
紫いもこっぱ餅(10個・ダンボール箱)
黒糖こっぱ餅(10個・ダンボール箱)
こっぱ餅(20個・ダンボール箱) 各 11,000円
紫いもこっぱ餅(20個・ダンボール箱)
黒糖こっぱ餅(20個・ダンボール箱)

※3本入り化粧箱、10本入り、20本入りと各種そろえており、各餅の組み合わせもご自由にできます。 発送・お支払いにつきましては、下記に表示してございますのでご確認下さい。

ご注文・ご質問は、TEL/FAX/メールにて承っております。お気軽にお問い合せ下さい。

TEL 0969-73-2769(昼間)
TEL 0969-72-2628(夜間)
FAX 0969-73-2798

e-mail:takara@giga.ocn.ne.jp

FAX用注文フォーム /  メール注文はこちら